事業所内保育所/小規模保育園のモコ保育園
moko(モコ)

採用情報
  1. 保育所のモコ HOME
  2. モコの保育

モコの保育

「モコ」とは

かわいらしいとか毛布のような暖かさを意味した擬態語「モコモコ」からの造語で「モコ」と名づけました。お子様もお母様も暖かなモコモコの毛布でやさしく包み込んであげられるような保育をすることが私共の目標です。

モコからのメッセージ

「モコ」では認可保育園の補助的保育をしていくのではなく、認可保育園ではできない優良な質の良い保育をめざしています。少子化の時代だからこそお子様一人一人に対し良質な保育を保護者様が期待しているのです。母親が自分の子どもを見守るような1 対1に近い視線を作り出せるのが「モコ」だと考えております。

子どもは親から離れることで社会への一歩を踏み出します。好奇心旺盛な子どもは日々成長し社会に溶け込んでいきます。女性も自由に働くことで積極的に社会に進出し広い視野で未来ある子ども達を育てていただきたいと願います。また、女性・男性に関わらず子育てを楽しみ、自分自身が成長をしていただきたいのです。

当社は保育を通じ、広く社会に貢献し、安全な新しい子育て環境の整備に挑戦していきます。

体調不良時について

体調不良児を集団で保育するのには限界があります。通常、体調は体温だけで判断しがちですが、体温は食欲や機嫌などと同じく、判断基準のひとつでしかありません。

下痢をしている・元気がない・食欲がないなど感染症の疑いや病気が長引いていると考えられる症状の場合は、集団保育であるが故にお預かりできない場合もございます。

お仕事をしていらっしゃるお母さんには大きな負担ですが、思い切って早めにゆっくりと過ごすことが非常に大切です。やっと咳が止まったと思うのもつかの間、次は熱・・・と、常に病気にかかっているというお子さんは少なくありません。

逆にそうやって免疫をつけ、それを乗り越えることで体も強くなっていきます。ある日突然病気にかからない日はやってくるものです。今、ヘトヘトになっているお母さん、その日はそう遠くはありません。がんばってください。 どうしてもご家庭で保育できない場合にはベビーシッターサービスもございます。ご相談ください。

乳幼児保育のリスク

モコでは乳幼児突然死症候群(SIDS)については以下のような予防をしております

  • 基本的にうつぶせ寝はさせません
  • 口や鼻が塞がらないような寝具のかけ方や取り扱い方をしています
  • やわらかい寝具は使用しません
  • 換気や室温の調整をこころがけています
  • 基本的に食事の後すぐには寝かせません
  • 眠っている間、午睡チェックをチェック表にて確認します
  • 受け入れ時の健康チェックのため連絡帳の使用はもちろん、保護者と
    口頭での連絡を密に取らせていただきます

乳幼児突然死症候群についての原因は未だ解明されていません。モコにおいても上記のことについて細心の注意をはらって誠心誠意対応しておりますが、誰にでも起こりうる事故だということをご了承願い、ご家庭と連絡を密にとっていただけるようお願いたします。

「そういえば朝機嫌がいつもに無く悪かった」と後から思えばという例もあります。是非小さなことでもお伝えいただきたいです。事故を未然に防ぐことができます。

上に戻る